Gremz

One small step !

カレンダー

02 | 2014/03 | 04
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

多読の世界制覇に向けて、 ぼちっとな(ボヤッキー風で)

プロフィール

間者猫

Author:間者猫
すべてはこの1册から始まりました。



多読3原則を心に留めて、
楽勝で読めそうな簡単な本から読み始めたら、本当にペーパーバックが読めるようになりました。

多読3原則とは
1.辞書は引かない
2.わからないところは飛ばす
3.つまらない本はやめる
です。

一緒に始めてみませんか?

コメント・トラバは承認制にしております。
すぐには反映されませんが御容赦を。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

君は闘っているかね?~洋書と和書と映画と音楽と~
辞書は引かずに簡単な本から読むという方法(いわゆる多読)で、 ”絶対、無理”と思っていた洋書が読めるようになりました。皆さんよろしく。
【雑記】おからでリン・窒素回収
「おから」で水質浄化…近大教授ら大和川で実証

おからでリン。窒素回収。
面白いなあ。
捨てるしかない廃棄物と熱エネルギーを使って、
枯渇が叫ばれているリンを回収。これは大きい。
技術的にできるのであれば、あとはコストの問題。

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

【雑記】今週は飲み過ぎました。
今週は退職される方の送別会も含めて飲み会が3度あり、飲みすぎました。
体重も結構・・・。
4月も歓送迎会、けっこうあるからなあ。
また増えるなあ。

私は4月から”現場に行くだろうなあ”と思っていたのですが、
違っておりました。
一級土木の申込書買ってきたのに、どうしようかな。
もったいないなあ。

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

【和書】よくわかるコンクリートの劣化と補修


ちょっと専門的すぎかと思いましたが、
図書館にあったので借りてきました。
コンクリートの劣化と補修は時代の要請ですからね。
しっかり勉強しておかないと。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【雑記】一級土木施工管理技術検定試験


過去問を解いてますが、
”コンクリート工学”と”道路工学”が苦手だと
いうことが分かってきました。
この2つはちょっとしっかりやらんといかんです。
土質、基礎、施工管理はまあまあなので、過去問と解説で十分かと。
どんな試験でもそうですが、無勉やったら絶対通らないですね。
誰のためでなく、自分のためですから。がんばろ。

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

【和書】コンクリートなんでも小事典―固まるしくみから、強さの秘密まで


新書サイズで手軽に読めそうなので
図書館から借りてきました。

【和書】韓国人に不都合な半島の歴史


読了。面白かった。
日本人はもちろん、朝鮮半島の人々にも読んでほしい一冊です。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【和書】韓国人に不都合な半島の歴史


豊臣秀吉の文禄慶長の役の話は面白い。
どこの国も”敵は自らのうちにいる”ということですね。

しかし李氏朝鮮による支配はひどい。
一進会による韓日合邦の要望が出るのも分からんでもないです。
でもそういう大恩を忘れ、アダで返すのが彼らだと
自覚しておかないとなりません。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【雑件】技術者として心構え
昨日、一次試験合格者の祝賀会に参加して
みなさんから刺激をもらいました。感謝。

やはり一次試験合格者は20代、30代の方が多く、
私のような40半ばのオッサンは少なかったです。
でもこんなオッサンでもやればできるところを見せたいです。

東芝技術流出事件に鑑み
技術者なら当然持っていなければならない資質が
技術士に課せられているので、
忘れないようにメモしておきます。

技術士に課せられる3義務2責務

1 信用失墜行為の禁止(義務)
2 秘密保持義務
3 名称表示の場合の義務
4 公益確保の責務
5 資質向上の責務

一応テキストも参考に。
ほかにもたくさんテキストがあるようなので、時間があれば眼を通したいです。



【和書】韓国人に不都合な半島の歴史


国境がボーダレス化していくなかで
自分の常識が他の常識ではないことは多々あること。
まずは隣国の常識を。いうわけで図書館から借りてきました。

朝鮮独自の思想、「小中華思想」と「事大主義」

「朝鮮人の常識」
生き残ることや自らの利益が第一の判断基準であり、
そのためには「ウソ」をつき欺くことも非難されない。

肝に銘じておかねばならない。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【和書】コンクリート崩壊 危機にどう備えるか


どちらかというと、一般の方向けに書かれた本です。
溝渕先生の土木技術者としての熱い想いが伝わってきます。
現場を経験された者の重みが感じられます。
特に、第6章の「コンクリートから人へ」に関する批判は共感するところ大です。
自然災害の多い日本で、インフラを維持管理し、再構築していくために
どう人を育てていくか、我々の使命です。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【雑記】一級土木施工管理技術検定試験
現場を離れて随分経つのですが、
4月から現場に戻るかもしれないので、
思い出すために、技術士2次試験は後ろへ送って、
こちらを先に受けようかと思い、申込書を買ってきました。
ついでに過去問と参考書も買ってきました。
合否はともかく、スキルアップのため楽しんでやります。





【追悼】3・11を忘れない
あの日の地震と津波でたくさんの方々が亡くなった。
残された家族のことを思うと本当にいたたまれなくなる。
そして3・14の福島第一原発の爆発。

人々の安全をどうやって守っていくのか、
残された者に課せられた使命。

本当の危機の時に、本当の友人が分かる。
3・11は正にそんな日だった。

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

【和書】コンクリート崩壊 危機にどう備えるか


冒頭から、韓国の三豊百貨店の崩壊事故、
聖水大橋の落橋事故が紹介されておりますが、
韓国では1970年代以降8回発生と紹介されております。
8回!!! 驚いた。
ちなみにパラオの落橋事故のことも書かれております。

どんな施工管理してるんかな?

【和書】コンクリートが危ない


読了。勉強になりました。
コンクリートの施工管理は本当に難しい。
どういうところを見ていけばいいのか、かなり勉強せなあきませんな。
本書は1999年発行で少し古いので、
次は、昨年出版された”コンクリート崩壊 危機にどう備えるか”を読もうと思います。



テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【和書】コンクリートが危ない


4月から現場に戻ることになりそうなので、
ちょっと勘を取り戻すために借りてきました。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【和書】君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会


読了。
所属している会社のみ通じるスキルではなく、
どこにいっても通用するスキルを身につける。
そりゃそうです。
がんばろ。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【和書】君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会


本書に、民主党政権時に、
公務員削減のために
労働基準監督署の職員を減らしたと書かれております。
ちょっとびっくりです。
ブラック企業が問題になってきている時に、
減らすべきところとそうじゃないところの区別もつかないわけですな。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【和書】君の働き方に未来はあるか? 労働法の限界と、これからの雇用社会


図書館で借りてきました。
ここ数年、団塊の世代の退職もあり、
職場の半分以上が非正規の方になっている中で、
自分の働き方を見直すいい機会になりました。
これからの働き方どうなっていくんだろうなあ。
日々、勉強中です。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌