Gremz

One small step !

カレンダー

12 | 2014/01 | 02
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

多読の世界制覇に向けて、 ぼちっとな(ボヤッキー風で)

プロフィール

間者猫

Author:間者猫
すべてはこの1册から始まりました。



多読3原則を心に留めて、
楽勝で読めそうな簡単な本から読み始めたら、本当にペーパーバックが読めるようになりました。

多読3原則とは
1.辞書は引かない
2.わからないところは飛ばす
3.つまらない本はやめる
です。

一緒に始めてみませんか?

コメント・トラバは承認制にしております。
すぐには反映されませんが御容赦を。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

君は闘っているかね?~洋書と和書と映画と音楽と~
辞書は引かずに簡単な本から読むという方法(いわゆる多読)で、 ”絶対、無理”と思っていた洋書が読めるようになりました。皆さんよろしく。
【Kindle】Becoming a Technical Leader
ペーパーバック版も邦訳版も高いのでKindle版を買いました。
ここまで差があると、びっくりですね。







テーマ:KINDLE(キンドル)と電子書籍 - ジャンル:本・雑誌

【Kindle】Michael Connelly, The Drop


面白かった。
Boschもええオッサンなんですが結構忙しいです。
ネタバレになるので書けませんが、ストーリー展開も良かった。

テーマ:KINDLE(キンドル)と電子書籍 - ジャンル:本・雑誌

【和書】経営工学総論


すぐに役立つというわけではありませんが、
技術者としては概要は知っておかなければならないので、
図書館から借りてきました。
19章立てなので、1日2,3章読めば
貸し出し期間内で読めますね。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【和書】ホワイト企業 サービス業化する日本の人材育成戦略


一時期、全然新規採用しなかったのですが、
団塊の世代の退職で、わが社にも若い子が入ってきてくれています。
自分たちが先輩から教えてもらった技術やその技術の背景を
”継承をしていかねば”と思っています。

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

【和書】40歳からの会社に頼らない働き方


40を随分と過ぎてしまいましたが、読んでおります。
”スキルを磨く”というのはその通りですが、
実際は、忙しくて、なかなかできないというのが実情です。
と言い訳してたら、いつまでたってもできないので、
試験を利用してスキルアップを。
とにかく楽しんでやること。これに尽きる。
【邦訳】マイケル・ポーターの競争戦略


一度読んでサクッと理解というわけにはいきませんが、
重要なことを言っているというのは理解。

今は”競争”がいいものと言われますが、
競争にもいろいろあり、
”競争に勝ち残るためには何が大事か”を
ポーター先生は教えてくれています。感謝。




テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【邦訳】マイケル・ポーターの競争戦略




これまでの競争の概念とは全然違いますね。
よく分かりませんが、読み進めます。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【技術士二次試験対策】上下水道工学


一次試験は過去問だけで乗り切ったのですが、
”二次試験はそういうわけにもいかないだろう”、
”学生のころとは随分変わっているだろうな”
ということで買いました。

テーマ:雑記 - ジャンル:本・雑誌

【Kindle】Michael Connelly, The Drop (60%)


新聞記者に事件のことを嗅ぎ付けられました。
情報源は?

テーマ:KINDLE(キンドル)と電子書籍 - ジャンル:本・雑誌

【和書】伊藤 之雄:伊藤博文 近代日本を創った男(236/592)


第11章まで読了。

他国の制度をそのまま持ってくるのではなく、
自分たちの国に合うように創っていく。
それって大事やなあ。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【Kindle】Michael Connelly, The Drop (49%)


BoschとChu、どこかに捜査ミスがあったのか、
”ふりだしに戻る”です。

【ご挨拶】新年明けましておめでとうございます。
新年明けましておめでとうございます。
旧年中は大変お世話になりました。
本年もどうぞ宜しくお願い申し上げます。
2014年が皆様にとって幸多き年となりますように
心よりお祈り申し上げます。