FC2ブログ
カレンダー

12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

多読の世界制覇に向けて、 ぼちっとな(ボヤッキー風で)

プロフィール

間者猫

Author:間者猫
多読3原則を心に留めて、
楽勝で読めそうな簡単な本から読み始めたら、
本当にペーパーバックが読めるようになりました。

多読3原則とは
1.辞書は引かない
2.わからないところは飛ばす
3.つまらない本はやめる
です。

一緒に始めてみませんか?

コメント・トラバは承認制にしております。
すぐには反映されませんが御容赦を。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

君は闘っているかね?~洋書と和書と映画と音楽と~
辞書は引かずに簡単な本から読むという方法(いわゆる多読)で、 ”絶対、無理”と思っていた洋書が読めるようになりました。皆さんよろしく。
【W.B.Yeats】the centre cannot hold
ドラマ”The Stand”に使われていた詩は、

The Second Coming

TURNING and turning in the widening gyre
The falcon cannot hear the falconer;
Things fall apart; the centre cannot hold;
Mere anarchy is loosed upon the world,
The blood-dimmed tide is loosed, and everywhere
The ceremony of innocence is drowned;
The best lack all conviction, while the worst
Are full of passionate intensity.

Surely some revelation is at hand;
Surely the Second Coming is at hand.
The Second Coming! Hardly are those words out
When a vast image out of Spiritus Mundi
Troubles my sight: somewhere in sands of the desert
A shape with lion body and the head of a man,
A gaze blank and pitiless as the sun,
Is moving its slow thighs, while all about it
Reel shadows of the indignant desert birds.
The darkness drops again; but now I know
That twenty centuries of stony sleep
Were vexed to nightmare by a rocking cradle,
And what rough beast, its hour come round at last,
Slouches towards Bethlehem to be born?

からの引用です。

出典は”William Butler Yeats, "The Second Coming"”です。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【ドラマ】スティーブン・キングのザ・スタンド
スティーブン・キングのザ・スタンド

”スティーブン・キングのザ・スタンド”

 4話構成になってます。
原著も1000ページちょっとあるので、ドラマもやっぱり長いですな。
ぶっ通しで観たのでちょっと疲れました。
 大筋はいいとして、細かいところは”どうだったかなあ”と思い起こしながら
観ていました。原著の再読が楽しみです。
 お約束のキング先生もちょい役で出ていましたし、面白かったです。

追記
 ドラマの中でYeatsの言葉が引用されていました。ちょっとびっくりです。

テーマ:今日見たDVD - ジャンル:映画

【読書中】Stephen King, Hearts in Atlantis(389/672)
Stephen King, Hearts in Atlantis

”Stephen King, Hearts in Atlantis”

 1966年(ベトナム戦争の頃)の学生時代の話です。
Carolがでてきます。
タイトルの”Hearts in Atlantis”って何のこっちゃ?
と思っていたのですが、
4人でやるHeartsというカードゲームのようです。
日本で言えば麻雀みたいなもんですかね。
どういうルールか分かりませんが、
当面、”勝った、負けた”だけ分かればいいので気にしないで読みます。

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌