Gremz

One small step !

カレンダー

12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

多読の世界制覇に向けて、 ぼちっとな(ボヤッキー風で)

プロフィール

間者猫

Author:間者猫
すべてはこの1册から始まりました。



多読3原則を心に留めて、
楽勝で読めそうな簡単な本から読み始めたら、本当にペーパーバックが読めるようになりました。

多読3原則とは
1.辞書は引かない
2.わからないところは飛ばす
3.つまらない本はやめる
です。

一緒に始めてみませんか?

コメント・トラバは承認制にしております。
すぐには反映されませんが御容赦を。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

君は闘っているかね?~洋書と和書と映画と音楽と~
辞書は引かずに簡単な本から読むという方法(いわゆる多読)で、 ”絶対、無理”と思っていた洋書が読めるようになりました。皆さんよろしく。
【実験中】Agota Kristof, The Notebook the Proof the Third Lie: Three Novels
Agota Kristof, The Notebook the Proof the Third Lie: Three Novels

”Agota Kristof, The Notebook the Proof the Third Lie: Three Novels”
 酒井先生が神戸に来られるとのことですので、
久しぶりに分速実験をしようかと思います。
 実験本は”Agota Kristof, The Notebook the Proof the Third Lie: Three Novels”
”The Notebook”です。
 この作品(邦訳)を選んだのは、
”森毅が絶賛していたので読んだら、無茶苦茶面白かった”と先輩が紹介してくれたこと、
邦訳が図書館にあること、
長さが適当
洋書で入手が比較的容易
というで、選びました。
 英語版ということで、ちょっと気にはなりますが、まあいいや。
ちょっと読んだ感じ、現在形で書かれているのが気になりますが、
めちゃくちゃ読みやすいです。
 戦争を避けるためにお母さんに実家に連れて来られた双子の話なのですが、
なかなかすごい話です。
 邦訳は”アゴタ・クリストフ:悪童日記”です。
 

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌

【読了】Dav Pilkey, Captain Underpants and the Big, Bad Battle of the Bionic Booger Boy
Captain Underpants and the Big, Bad Battle of the Bionic Booger Boy

” Dav Pilkey, Captain Underpants and the Big, Bad Battle of the Bionic Booger Boy”
 久しぶりのパンツマン。
相変わらずのおバカぶりです。
しかし、この巻はホンマ汚いですなあ。
カラーやったら大変な事になりますわ。
しかも”次巻へ続く”ですから。
次も読まなしゃーないですな。

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌

【読書中】Stephen King, IT(252/1116)
Stephen King, IT

”Stephen King, IT”
 Georgeが死んでしまい、残された両親と弟のBill。
家庭の描写がたまらなく切ないです。
あのThe Bodyのシーンと同じですね。
Billが吃音というのもまた切なさに輪をかけます。

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

【児童書】Dav Pilkey, Captain Underpants and the Big, Bad Battle of the Bionic Booger Boy
Captain Underpants and the Big, Bad Battle of the Bionic Booger Boy

” Dav Pilkey, Captain Underpants and the Big, Bad Battle of the Bionic Booger Boy”
 久しぶりにパンツマンを読んでいます(笑)。
”Get”の使い方がよく分かるが所があったのでメモを(p47)。
 Krupp校長がMiss Anthropeに
"Where's my coffe, Edith? " he shouted .
"Get it yourself, tubby!" Miss Anthrope shouted back.

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌

【Audible】Robert Crais, The Forgotten Man
Robert Crais,  The Forgotten Man

”Robert Crais, The Forgotten Man”
 聞き終わりました。
お父さんの事がでてきましたが、
いつものごとく、結局よく話がつながっていきませんでした。
まあいいや。もう一度聴きます。

テーマ:Audio Book - ジャンル:本・雑誌

【読書中】Stephen King, IT(223/1116)
Stephen King, IT

”Stephen King, IT”
 風船で子供をさそうClown。無気味です。

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

【Audible】知らん間に1年経っていました。
 ”そういえばAudibleに入ってから1年、経っていたなあ”と気づきました。
聴くことと読むことが本当に普通になってきている。
自分でも信じられません。
 まだ読んでいるほうがよく分かっている気がするので、
聴く方も”このレベルまでにはなりたいなあ”と思います。
いつ来るのか分かりませんが、何故かとてもワクワクします。


テーマ:Audio Book - ジャンル:本・雑誌

【テスト】大学入試センター試験の英語をやってみました。
 朝、起きてネットを見ていたら、
大学入試センター(英語)があったので、やってみました。
長文は楽勝でしたが、
短い文章に当てはめる問題が結構しんどかったです。
前後が分からんと何を言ってるか分からんぞ! ボケ!
まあそんな感じで、ブツブツ言いながらも結果は142/200でした。
これがいいのかどうか分かりませんが、
かなり英文を読む力(背景知識)が必要ですね。
まあ、わざわざ勉強せんでも、好きな本を読んで、
背景知識としてTimeや新聞を読んでおけば十分ではないでしょうか?
 しかし、たまに慣れんことすると、ごっついしんどいですな。
受験生の皆様お疲れ様です。がんばってね。
【読了】John Grisham, The Innocent Man
John Grisham, The Innocent Man

”John Grisham, The Innocent Man” ★★★☆☆
続きを読む

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

【スペイン語】Casa BlancaってWhite Houseだったんだ!
”Casa Blanca sugiere que no falta ningu'n mensaje electro'nico”
 ”多読の基本、やさしいものをたくさん読む”をいきなり無視して、
VOAのスペイン語版を読んでいます、というか目を通しています。
全然分からなくても 、短いので全然ストレスになりませんです。
 で今日の記事ですが、Casa BlancaってWhite Houseだったんですね。びっくりした。
もちろん内容は分かりませんです(笑)。

テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【読書中】John Grisham, The Innocent Man(347/428)
John Grisham, The Innocent Man

”John Grisham, The Innocent Man”
 先に片付けていましたいので読んでます。
気分的には”投げ!”なんですけどね(笑)。

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

【読書中】Stephen King, IT(167/1116)
Stephen King, IT

”Stephen King, IT”
 いよいよ、1958年に起こった忌わしい出来事の話にはいっていきます。

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

【スペイン語】Gabriel Garcia Marquez, Cien Anos De Soledad
Gabriel Garcia Marquez, Cien Anos De Soledad

”Gabriel Garcia Marquez, Cien Anos De Soledad ”
 スペイン語圏の作家の書いた作品はほとんど読んだ事がないのですが、
目標本はあった方がいいだろうということで選んでみました。
”百年の孤独”というタイトルを初めて聞いた時はてっきり焼酎の名前だと思ってました(笑)。
図書館に邦訳があり、手にとって見たのですが、
字が小さくて2段書なので、もうその時点で読む気が起こりませんです(笑)。
なか身検索で英語版を見るとそんなに難しそうじゃないなあと思いました。
とりあえず目標本は”百年の孤独”ということで。

テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【Audible】Robert Crais, The Forgotten Man
Robert Crais,  The Forgotten Man

”Robert Crais, The Forgotten Man”
 なににしようかなと思ったのですが、
タイトルに惹かれて”Robert Crais, The Forgotten Man”にしました。
出だしがなかなかいいです。

テーマ:Audio Book - ジャンル:本・雑誌

【Audible】Robert Crais, Free Fall
Robert Crais,  Free Fall

”Robert Crais, Free Fall”
 聴き終わりました。結構聴きやすかったです。
でもなんか分かったような気にならないですね。
もう一回聴こうと思ったのですが、
Audibleから 1 credit ついていたので
別のRobert Craisの作品を聴こうと思います。
何にしようかなあ?

テーマ:Audio Book - ジャンル:本・雑誌

【スペイン語】 The Complete Book of Starter Spanish: Preschool-1
The Complete Book of Starter Spanish

”The Complete Book of Starter Spanish: Preschool-1”
 正月休みに”スペイン語かドイツ語もやらなきゃなあ”ということを思い出し、
小さい子供が学ぶ本はないかと探していたら、
なかなか良さそうな本があったので買ってみました。
  なぜ、この本を買ったのか?
実は”100 Words Kids Need to Read by 1st Grade”を見て、
”これを6年生までやれば、楽しく学べて相当力付くよな。”
”英語はそれなりに読めるからスペイン語はこの方法でやればいいのでは?”
と思ったからなのです。
 英語を母語とする子供にスペイン語を学ばせる内容になっていますが、
楽しく学べそうです。まあのんびりやります。
 なお、この本で学ぶには色鉛筆が必要になります(子供に貸してもらおう)。

テーマ:スペイン語 - ジャンル:学問・文化・芸術

【読書中】John Grisham, The Innocent Man(228/428)
John Grisham, The Innocent Man

”John Grisham, The Innocent Man”
 最初は読みやすいと思ったのですが、だんだんイマイチに。
事実に基づいて書かれているにしても、
ちょっと客観的に書き過ぎているような気がするのです。
 結果は分かっているのですから、もっと主人公に感情移入してもいいのでは?
まあ半分なのでこれから盛り上がるかもしれませんが。

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

【VOA Special English】Remembering Oscar Peterson, One of Jazz's Greatest Musicians
”Remembering Oscar Peterson, One of Jazz's Greatest Musicians”
 昨年末にOscar Petersonが亡くなりました。
VOA Special Englishでは、
He recorded more than one hundred albums,
won eight Grammy awards and performed all over the world.
と言っておりました。ホント、すごいですね。
ご冥福をお祈りいたします。

テーマ:Audio Book - ジャンル:本・雑誌

【読書中】Read in Tandem
Stephen King, IT

”Stephen King, IT”
 長いものは暫く止めておこうと思ったのですが、
禁断の書に手を出してしましました(笑)。
並行読みってなかなかできないのですが、
パラパラっと読むとなかなか面白そうです。
前は200ページで挫折したのですが今回は結構読めそうな気がします。
”clown”???? なんで風船もってるんやろう?”と思ったのですが、
そう言えば絵本でよくみかけましたね。
それに表紙にも出てました(私の本の表紙は違うんです)。
最後まで読むかどうか分かりませんが、とりあえず読んでみます。

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

【読書中】John Grisham, The Innocent Man(121/428)
John Grisham, The Innocent Man

”John Grisham, The Innocent Man”
 ”The Fifth Amendment”と”Miranda v”
警察ものを読む時には欠かせない知識ですね。

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

【映画】The Man who knew too much
知りすぎていた男

”知りすぎていた男”
 英語字幕を消して10分ぐらい観たのですが
”??? 僕もう無理!”でした。まだまだですな。
Sesame Streetのように最初から字幕がない方が諦めがつきますね。
 話は、サスペンス仕立てで面白かったです。

テーマ:洋画 - ジャンル:映画

【DVD】Sesame Street - Kids Favorite Songs
esame Street - Kids Favorite Songs

”Sesame Street - Kids Favorite Songs”
 何を言っているかサッパリ分かりませんが、でも楽しいです。
このDVDはリージョン1なので
通常のプレイヤーでは再生できないはずなのですが、
私のプレイヤーではなぜか再生できました(驚)。
リージョンフリー再生のプレイヤー買ったのに!

注)アマゾンではスペイン語も再生できると書いてありましたが、
私のプレイヤー(2台とも)では再生できませんでした。
【Audible】Stephen King, The Dark Tower
The Dark Tower

”Stephen King, The Dark Tower”
 年内に聴き終わりたかったのですが
年を越してしまいました。
読んでから聴くと分かりやすいですね。
 次は”Robert Crais, Free Fall”を聴こうと思います。
Robert Crais,  Free Fall

テーマ:Audio Book - ジャンル:本・雑誌

【絵本】デルス・ウザラー
デルス・ウザーラ

”デルス・ウザラー”
 黒沢監督の”デルス・ウザーラ”をいつか観たいなあと思っていたのですが、
図書館で絵本があったので借りてきました。
 シベリアの美しいけれども厳しい自然とデルスの関わりが素晴らしいです。
英語でも自然の描写が美しいんだろうなあ。
”V. K. Arseniev, Dersu the Trapper (Recovered Classics)”

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【言葉の獲得】母語の学習法は驚くほど似ている。
 冬休みの宿題をみてやらねばならないのですが、
小学校1年生の国語の内容と
”100 Words Kids Need to Read by 1st Grade”
驚くほど似ていますね。
”1年間に100個の漢字を覚えましょう”と”100words”
偶然の一致とは思えません。
100 Words Kids Need to Read by 1st Grade

テーマ:やさしい洋書 - ジャンル:本・雑誌

【御挨拶】新年あけましておめでとうございます。
 いつもブログを読んで下さっている皆様ありがとうございます。
最近はペーパーバックを読むのが普通になってきたので、
今年は聴く方がどうなっていくか楽しみです。
”聴くのも普通になりました!”って年末に報告できればいいなと思います。
 映画は英語字幕を出してみれば、それなりに観ることができるようになってきたので、
寝不足になって仕事に支障をきたさない程度に観ていきたいと思います。
 まず今年は”John Grisham, The Innocent Man”から始めます。
 今年もよろしくお願いします。
John Grisham, The Innocent Man

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌