FC2ブログ
カレンダー

08 | 2006/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

多読の世界制覇に向けて、 ぼちっとな(ボヤッキー風で)

プロフィール

間者猫

Author:間者猫
多読3原則を心に留めて、
楽勝で読めそうな簡単な本から読み始めたら、
本当にペーパーバックが読めるようになりました。

多読3原則とは
1.辞書は引かない
2.わからないところは飛ばす
3.つまらない本はやめる
です。

一緒に始めてみませんか?

コメント・トラバは承認制にしております。
すぐには反映されませんが御容赦を。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

君は闘っているかね?~洋書と和書と映画と音楽と~
辞書は引かずに簡単な本から読むという方法(いわゆる多読)で、 ”絶対、無理”と思っていた洋書が読めるようになりました。皆さんよろしく。
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

【雑記】羊を丸飲みのニシキヘビ、動けなくなり御用
”羊を丸飲みのニシキヘビ、動けなくなり御用”

”Roald Dahl, An african Story”みたいな話、現実にあるんですねえ。

【絵本】Babette Cole, Prince Cinders
Prince Cinders

” Babette Cole, Prince Cinders”

 御存じシンデレラのお話のパロディです。
シンデレラとの違いは、出てくる魔女がドジだったり、
プリンセスと会うのがバス停で、落としていくものがズボンだったり。
絵もなかなか良く楽しい本です。

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】 アメリカ文学史―駆動する物語の時空間
”アメリカ文学史―駆動する物語の時空間 (単行本) ”

p146より
20年代と30年代の対照は、いわばバブルに浮かれ騒ぐ時代と経済恐慌に喘ぐ時代の対照である。前者の場合、いくぶん夢想的で家庭的な文学でも愛されたが、後者の場合、あくまで厳しい環境を生き抜くための社会的処方箋が文学にすら求められた。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【雑誌】 多聴多読マガジン 2006年 10月号
多聴多読マガジン

”多聴多読マガジン 2006年 10月号 [雑誌] (雑誌) ”

 ついにで出ました。画像も入ってるよ! えらいアマゾン! 即押し!
 この雑誌だけでは送料がかかるので、あわせて
”W. Somerset Maugham, Of Human Bondage (Signet Classic) (マスマーケット)”
も買いました。何の根拠もないのですが読めるような気がします。
 ”W. Somerset Maugham, Of Human Bondage”は図書館にあるのですが、
何度も延長手続き(2週間で読了は無理)をするのも面倒臭いし、
サイズもマスマーケットでちょうどよいので買いました。
 最近、本屋さんで”signet classic”というシリーズの本をよく見かけますね。
このシリーズ、表紙が結構好きなんです。ジャケ買いってやつですかね。嬉しい限りです。

テーマ:雑誌 - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】 アメリカ文学史―駆動する物語の時空間
”アメリカ文学史―駆動する物語の時空間 (単行本) ”

p140より
彼の説明によると、人間が礼儀や教養を身につけるのは18歳から30歳までの時期だが、先の大戦を経験した若者たちは従前の自然な伝統が断ち切られてしまったために、そうしたチャンスを失ったという。かくして閃いたスタインは、当初、粗暴なヘミングウェイを戒める意味で「あなたがたはみんな失われた世代なのよ」”You are all a lost generation”なる有名な言葉を残し、それが聖書の「伝道の書」の一節「ひとつの時代(世代)が過ぎ去り、新たな時代(世代)が訪れる」”One generation passeth away, and another genelation cometh”とともに『日はまた昇る』のエピグラフに引用されて、以後、文学史上では19世紀的伝統と切断したモダニスト世代として定着するようになったのである。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】 アメリカ文学史―駆動する物語の時空間
”アメリカ文学史―駆動する物語の時空間 (単行本) ”

p129~p130
もともとオズの魔法使いのモデルは、「メロンパークの魔法使い」と渾名され1880年代までには蓄音機や白熱電球など様々な業績をあげていた発明王トマス・エジソンその人であり、作者ボームは世紀末アメリカを華麗に彩るエメラルドの都ならぬデパート文明に、とりわけショーウィンドー雑誌を中心にした「光と色とガラス」を称えるジャーナリズムに加担した人物だった。

”T. ヴェブレン 、有閑階級の理論(文庫) ”
”Thorstein Veblen, Theory of the Leisure Class (Penguin Classics) ”

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【読書中】Jack Higgins, The Eagle Has Landed (90/356)
Eagle has landed

”Jack Higgins, The Eagle Has Landed (マスマーケット)”

 この本は、内容的には”望山馳死馬”に書くべきなのですが、
洋書なので一応こちらに書くことにします。
 展開が早いのかなと思って読んでいたのですが、結構ゆっくりです。
レニングラードの攻防やムッソリーニ救出作戦などお馴染みのエピソードが出て来ます。
 イギリスにいるナチス協力者が高齢のため、アイルランド人の男を派遣することになりました。

テーマ:洋書 - ジャンル:本・雑誌

”cry”という言葉はどんな意味?
 前々から気になっていた単語”cry”。
”泣く・叫ぶ”というシチュエーションに全然合わない場合がよくあります。
 先日、酒井先生が来られたので
「先生、”cry”って”泣く、叫ぶ”という意味で教えられますけど、他にもありますよね。」
とお伺いした所、「そうです」とのこと。
多読やってて良かったよ、ホント(嬉)。
 家に帰って英英辞書ひいたら、ちゃんと書いてありました(恥)。
【英英辞書】私の持っているのはコウビルドです。
コウビルド英英辞書

” コウビルド英英辞典 (単行本)”

 ”酒井邦秀;どうして英語が使えない?)”を読んだ時に
無性に英英辞書が欲しくなって
思いきって ” コウビルド英英辞典 (単行本)”を買ったのが2004年の12月。
最初使ってみた時は違和感がありましたが、慣れると面白いです。
 ロングマンの方が辞書っぽいので辞書に慣れている人には
ロングマンの方が使いやすいかもしれませんねえ。
【雑誌】”National Geographic”を頂きました(感謝)
National Geographic

”National Geographic”

 友達から”National Geogrphic”をドカッと頂きました(感謝)。
ちょうどいい機会(Podcastも聴いてるし)なので、
面白い記事があれば紹介したいと思います。
もちろん全部読もうなんて思わないし、面白そうな記事だけ読みます。
 英英辞書は面倒臭いからほとんど使わないのですが、
語彙強化のためにたまには英英辞書も活用してみようと思います。
【雑誌】 多聴多読マガジン 2006年 10月号
”多聴多読マガジン 2006年 10月号 ”

 今一番ホットな本。早く発売にならないかなあ。
やっぱり無理なく長く続けられるものが良い学習法。
シャドーイングも長く続けられるかな?
一応の目標は英語字幕無しで映画を観ることです。
これは実は結構難しいそうです。

テーマ:新刊・予約 - ジャンル:本・雑誌

【児童書】 Five Creepy Creatures
five creepy

” First Five Creepy Creatures”

 イラストに惹かれ衝動買い(笑)。
”誰にも言うたらあかんでぇ”という英語はバッチリ覚えました。
 こういう本をたくさん読んで、足腰を鍛えれば
絶対、力つきますわ。間違いな~い。

テーマ:英語の児童書 - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】 アメリカ文学史―駆動する物語の時空間
”アメリカ文学史―駆動する物語の時空間 (単行本) ”

p112より
トウェイン本人が1923年刊行の『ヨーロッパその他』に収められた小品「リンチ合州国」において、そもそも南部の人間はリンチという見世物を楽しんでいるのではなく、そうしないと共同体の大多数の内部で仲間はずれにされるのを恐れて「楽しんでいるふりをしている」にすぎない、と告発してみせたことを思い出す。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

【映画】プラトーン 特別編
プラトーン

”プラトーン 特別編”

 オリーバー・ストーン監督の実体験を元に作られた映画です。
やっぱり凄いわ。これが戦争の現実ですわ。
日米同盟を血の同盟として、日本も戦争を直接おっぱじめようと
どこぞの政治家がほざいとりますが、
絶対戦争したらアカン! 手も貸したらアカン!
戦争はテレビゲームやおまへんでぇ。
 英語字幕(結構簡単な英語なのですが)で観ましたが意外と難しかったです。

テーマ:DVDで見た映画 - ジャンル:映画

【読書メモ】 アメリカ文学史―駆動する物語の時空間
”アメリカ文学史―駆動する物語の時空間 (単行本) ”

p111より
そもそもリンチの語源は、18世紀中葉、アメリカ独立革命時代に愛国者として活躍したヴァージニア州リンチバーグ生まれの軍人チャールズ・リンチから採られたが、この固有名詞が、自警団員たちによる刑罰一般を意味する単語として流通していったのである。

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。