Gremz

One small step !

カレンダー

04 | 2005/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

多読の世界制覇に向けて、 ぼちっとな(ボヤッキー風で)

プロフィール

間者猫

Author:間者猫
すべてはこの1册から始まりました。



多読3原則を心に留めて、
楽勝で読めそうな簡単な本から読み始めたら、本当にペーパーバックが読めるようになりました。

多読3原則とは
1.辞書は引かない
2.わからないところは飛ばす
3.つまらない本はやめる
です。

一緒に始めてみませんか?

コメント・トラバは承認制にしております。
すぐには反映されませんが御容赦を。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

君は闘っているかね?~洋書と和書と映画と音楽と~
辞書は引かずに簡単な本から読むという方法(いわゆる多読)で、 ”絶対、無理”と思っていた洋書が読めるようになりました。皆さんよろしく。
ちょっと選択ミスかも?

LondonLondon

今、気分は”イギリスものを読みたい気分”なのですが、
ちょっと選択ミスかも?
読み易いし面白そうなのですが、
1100ページ強あって、持ち運びに不便なんです。
どうしようか? 続けるべきか? 撤退するべきか?
悩む〜〜〜。

Raymond Chandler,”Farewell, My Lovely”読了。

FarewellRaymond Chandler, Farewell, My Lovely ★★★☆☆ Level9 80,000

続きを読む
最強の花粉、”イネ”登場!
私、毎年、5月の3週目に花粉症が最もひどくなるのですが
今年もやっぱり3週目でした。
眼はあまりかゆくないのですが、鼻が・・・(痛)。
薬(スギやヒノキにはよく効いたのですが)飲んでるんですけどねえ。
あと2週間ぐらいは痛いです(泣)。

Michael Connelly,”Blood Work”4巻目を聴いています。

Blood WorkBlood Work

聴きながら読むのは結局止めにしました。面倒臭いですから(笑)。
とにかく聞き流す。それだけ。
読みやすかったものはやっぱり聴きやすいような気がします。

Raymond Chandler,”Farewell, My Lovely”半分ぐらい読みました。

FarewellFarewell, My Lovely

半分ぐらい読みました。
”The Long Goodbye”よりもちょっと難しい気がします。


【映画】グリーンマイル

Green Mileグリーンマイル

何度も観ているので、昨日は観なくてもいいだろうと思っていたのですが
やっぱり観てしまいました(笑)。
ジョン・コーフィーはやっぱりキリストではないかと思います。

続きを読む
”Animal Tales(Black Cat-Beginner)”読了。
聴きながら読むのでもっと早く読んで欲しいです。

Raymond Chandler,”Farewell, My Lovely”50ページほど読みました。

FarewellFarewell, My Lovely

今、和書もあわせて、気分次第で読んでいます。
300ページ弱なので
2週間ぐらいで読み終わればいいなと思っています。
文章にキレがあって、かっこいいです。

”Jazz”に飽きたら”Hard Rock”(笑)

Hysteriaというわけで、Def Leppard,”Hysteria”聴いてます。
このアルバムは、ドラマーのリック・アレンが
交通事故で左肩切断を乗り越えた復帰した最初のアルバムなんですよ。
もうデフレパードが聴けないと思っていただけに
本当に嬉しかったです。

続きを読む
Dennis Lehane,”Mystic River”読了。

Mystic RiverDennis Lehane, Mystic River ★★★★☆ Level9 140,000

続きを読む
ザ・ケルン・コンサート

kolnザ・ケルン・コンサート

前回に引き続き、キース・ジャレットです(笑)。
何枚かキース・ジャレットを聴いて”いいな”と思っていた所、
TSUTAYAでお薦めになっていた1枚です。
最初聴いた時、”これジャズ? かっこいい”と吃驚しました。
しかも、この演奏が即興だったことに2度吃驚。
まぎれもなく傑作だと思います。

続きを読む
初めてキース・ジャレットを聴いたCD

deer head InnAt the Deer Head Inn

続きを読む
今週は忙しかったっす。
”ゴールデンウィーク明けは忙しいだろう”とは
分かっていたつもりだったのですが、
ホンマに忙しかったです。机に向かう事がなかったもんなあ。
来週も引き継ぎや緊急に調べなければならない業務があるので
絶対忙しいハズ(泣)。
土・日はゆっくり本を読みたいです。

Dennis Lehane,Mystic River 212ページまで読みました。

Mystic RiverMystic River

まとまって読む時間があまりないので細切れで読んでいます。
あらすじを外すことはないですが、思ったよりも語彙が難しいです。
”これ、もしかして布石ちゃうのん?”というような所があったので
これからどう展開していくのか楽しみです。

”Middlemarch(Blackcat-Intermediate)”読了。
この本は結構、分量(160ページ)がありました。
内容が自分の好みではないのでそう感じたのかもしれません。
なお、このCDにはPrelude,2,5,8章,Finaleが録音されていません。
最初聞いた時、1章から3章に跳んだので吃驚しました。なんか中途半端やなあ。
この本もAmazon.co.jpでは取り扱ってないようです。


ちょっと嬉しい事がありました。
今日子供と一緒にオモチャを見ていた所
通路が狭く邪魔になったので、”すみません”と言うと
おばあさん(外国人)の言った言葉
(”きにしなくていいのよ”か”大丈夫よ”というような内容)
が英語のまま聴き取れました。
どんな言葉だったのかは忘れましたが、瞬間に理解していました。
びっくりしました。とにかく嬉しかったです。


さむいけど、面白い。

おっと合点承知之助おっと合点承知之助 声にだすことばえほん

”声に出して読みたい日本語の著者”が、
子供に人気のあった付け足し言葉に絵をつけた本なのですが、
これが結構面白いんです、さむくて(笑)。
例えば、”その手は桑名の焼蛤”、”恐れ入谷の鬼子母神”など。
私は母語を大阪弁としていますので、少しニュアンスが分からなかったりするのですが、
こういうの結構好きです。


Dennis Lehane,Mystic River 100ページ弱読みました。

Mystic RiverMystic River

映画を観ているせいか、結構読みやすいです。
”文体がかっこいい”というわけではないですが
結構好み。

めっちゃ日焼け。
久しぶりに”高校のOB戦(ラグビー部)のお知らせ”がきていたので、
顔出ししてみました。勿論試合にはでません(笑)。応援のみ。
体バラバラになりますから(笑)。

しばらく案内がきていなかったし、
ラグビー部も部員が集まらず存亡の危機と
聞いていたので、ちょっと心配しておりました。
(最近どこの部も、特に体育会系は部員が集まらないそうです)
今年はなんとか部員も集まるようなので(ラグビーは最低15人必要です)
本当に頑張ってほしいと思います。
OBとしても何か手助けができる事があれば、手伝っていきたいです。

ところで、今日はいい天気だったので
メッチャ日焼けしてしまいました。手とか首が痛いです(笑)。
まいった!

Stephen King,”The Langoliers”聴き終わりました。

langoliersOne Past Midnight: The Langoliers.

”読んでくれる速さ”と”自分の読む速さ”がかなり違うというのは
結構大変だなあと実感。
途中どこを読んでいるか分からなくなっても、だんだん気にはならなくなりましたけど(笑)。
全部聴こうとすれば、かなりの集中力がいるので、
聴こうとしない方がいいですね。
分からなくても聞き流していると、
そのうち聞こえてくるような気がします。

Pearl S. Buck,”The Good Earth”読了。

Good EarthPearl S. Buck, The Good Earth  ★★☆☆☆ Level9 115000

続きを読む
Googleの検索機能をトップページにつけてみました
検索機能が欲しかったので
トップページにGoogleの検索機能をつけてみましたが、
検索がうまく動きません。なんでやねん???
タグはるだけちゃうのん?
まあええわ。今日はこれぐらいで勘弁しとったろ!

Stephen King,”The Langoliers”6巻の”Side B”は219ページ、28から。

langoliersOne Past Midnight: The Langoliers.

”Nick”と”Laurel”との哀しい別れ。
Kingはこういうの本当にうまいよね。
いよいよラストです。