Gremz

One small step !

カレンダー

03 | 2005/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

多読の世界制覇に向けて、 ぼちっとな(ボヤッキー風で)

プロフィール

間者猫

Author:間者猫
すべてはこの1册から始まりました。



多読3原則を心に留めて、
楽勝で読めそうな簡単な本から読み始めたら、本当にペーパーバックが読めるようになりました。

多読3原則とは
1.辞書は引かない
2.わからないところは飛ばす
3.つまらない本はやめる
です。

一緒に始めてみませんか?

コメント・トラバは承認制にしております。
すぐには反映されませんが御容赦を。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

君は闘っているかね?~洋書と和書と映画と音楽と~
辞書は引かずに簡単な本から読むという方法(いわゆる多読)で、 ”絶対、無理”と思っていた洋書が読めるようになりました。皆さんよろしく。
【映画】ミスティック・リバー

Mystic Riverミスティック・リバー

英語字幕はちょっと難しめだったような気がします。
だから細かいところまで分かっていないかも知れません。
それを前置きとして、

続きを読む
散髪してきました
昨日、今日と本当に暑かったですねえ。
あまりにも暑かったので髪を短くしようと
散髪に行ってきました。
今日は祭日なので”休みかな?”と思ったのですが、
開いていました(嬉)。
バッサリと短くしてきましたよ(涼)。
ところで散髪屋の親父、しばらく病気で休んでいたのですが
無事復帰していました。良かったなあ、おっちゃん!
これからもバリバリ散髪してくれよ!

”The Turn of the Screw(Blackcat-pre-Intermediate)”読了。
分かったような分からんような話でした。
もう一度じっくり読み直したい1册。
朗読は比較的ゆっくりめです。
この本もAmazon.co.jpでは取り扱ってないようです。

”The Minpins”読了。

minpinsThe Minpins

この本を読んで、ダールの児童書は全て読了しました(嬉)。

続きを読む
簡易多読手帳をT君にプレゼント。
先日、多読に関するアンケートに応えたのですが、
SSS英語学習研究会より簡易多読手帳をいただきました。
早速、会社の後輩のT君にあげました。
”始めます!”と元気よく言ってくれたので
(まあ御愛想かもしれないですけど)
ちょっと期待。

続きを読む
”The Good Earth”120ページほど読みました。

Good EarthThe Good Earth (Enriched Classics)

本当に分かってるのかなあと思いながらも
読み易いと言えば読み易いので読んでます。
淡々と描かれていて会話が少ないです(私は会話文の少ない文が好み)。
”Introduction”は後回しでも良かったかなあと思います。

続きを読む
”(The £1,000,000Bank Note(Blackcat-Elementary)”読了。
全体的にゆっくりめに読んでいます。
シャドーイングにはちょうどいいかも?
とはいえ、会話文はそれなりの早さで読んでいますけど(笑)。
この本もAmazon.co.jpで取り扱ってないようです。


”Rugrats in Paris”読了。

rugratsRugrats in Paris: The Movie (Rugrats)(PICTURE PUFFINS)

ぶっとんだ話で”よ~分からん”まま終わってしまいました(笑)。
まあ結構読みやすかったですけど。
たまには児童書を読むのもいいかも。

【映画】アイ,ロボット

robotアイ,ロボット 通常版

御存じ、アシモフ原作の映画版です。原作は読んでいません(笑)。
結構面白かった。英語字幕も読み易かったです。
CGも凄かったし、ウィル・スミスもMIBと同じようにぶっ飛ばされていて(笑)
”キャラは一緒やなあ”って思いました。

続きを読む
”I dunno”は”I don't know”だった。
”I dunno”って結構見かけるのですが、
”I don't know”だったんですね。
これは読むだけでもいつかは気付いたと思うけど、
”Listening&Reading”で気付きました。
”Listening&Reading”はちょっときつい(面倒臭い)ものがあるので
”Listening”だけにしようかなと思ったりもするのですが、
こういう発見があるとやっぱり続けようかなと思います。

Stephen King,”The Langoliers”6巻の”Side A”は200ページ、11から。

langoliersOne Past Midnight: The Langoliers.

”Graig Toomy”が”The Langoliers”に・・られ、
盲目の少女”Dinah”が・・・(悲)。
いよいよ最終巻突入です。

退院するはずが・・・。
朝の採血・往診時に先生から
”傷口がもし赤くなるようだったら明日、私、外来なんで
診せに来て下さい”
”テープは月曜日まではがさないように!”と言われたので、
てっきり血液検査の結果を聞いて退院だと思っていたのですが、
なかなか退院のそぶりがないので看護婦さんに7時頃聞きにいきました。すると

続きを読む
大腿ヘルニアだった!
今日、子供(5歳・男)がそけいヘルニアの疑いが強いので
手術しました。
”手術は簡単で、痛みもあまり残らない”とのことだったので
悠長に構えていたのですが

続きを読む
”A Cold Heart”は即投げ(笑)

Good Earth”A Cold Heart”は即投げしました(笑)。
潔さが肝心ですから。
というわけで、みゅうさんが教えて下さった
The Good Earth (Enriched Classics)
を読む事にしました。
Introductionを読んだだけですが読み易そうです。
それにこの表紙が結構好きです。

リズムが悪いです。

A Cold HeartA Cold Heart

まだ20ページぐらい読んだだけなのですが
この本の文体はリズムが悪い(私は脳内音読派です)です。
早くも投げパターンに入っています。
読める本というのは、最初のページからすーっと入れるものが多いです。

Raymond Chandler,”The Long Goodbye”読了。

long goodbyeRaymond Chandler, The Long Goodbye  ★★★★★ Level9 117000

続きを読む
私も「精神年齢鑑定」を試してみました~(笑)。
”sumisumiさん”と”じゅんじゅんさん”と”ぷぅさん”のブログで
ご紹介の「精神年齢鑑定」を試してみました~。
みんなすると自分もしたくなるんです(笑)。で、結果は……。

続きを読む
”Holly Cole”の歌う”Alison”が好き!

Yesterday & TodayYesterday & Today

T姐さんから”私ね、ジャズボーカルを習いにいっているのよ!(嬉)”というのを聞いて
私、まっ先に”Holly Cole”を思い出しました。
というわけで久しぶりに聞いてみました。
中でも1曲目の”Alison”が好きです。
”Elvis Costello”の歌う”Alison”と聞き比べてみるのも面白いです。


Stephen King,”The Langoliers”5巻の”Side B”は182ページ、18行目から。

langoliersOne Past Midnight: The Langoliers.

”Graig Toomy”が”Dinah”に導かれやってきました。
もう目の前ま”The Langoliers”がきてます(恐)。

”Blood Work”ちょっと聴いてみました。

Blood WorkBlood Work

”The Langoliers”もまだ聴き終わっていないのですが、
ちょっと試しに”Blood Work”聴いてみました。
メッチャかっこええ。
ところで、”Terry McCaleb”は”マッカレブ”ではなく
”マケーリブ”に聞こえました。
スペルから見ても、そういえばそうだなあ。聴いて良かった。

半分ぐらいまで読みました。

long goodbyeThe Long Goodbye

10年程前に邦訳を読んだ時には
あまり心に残っていなかったのですが、
今回はきっちり刻まれています。
歯切れのいい文体かっこいいです。
結構読みやすいです。

昨日はやはり花粉でだるかったのだ!
今日は昨日に比べて見違える程元気です。
昨日のだるさはやはり花粉だったのだ!
とはいえ、寝違えて首が痛いです(笑)。

今日は暑かったですねえ。
今日は暑かったですねえ。
とは言いながら1歩も外へ出ておりません(笑)。
というのも、昨日から花粉の飛散がひどくて、
朝から声が変わっていて、体もだるくてしかも熱も出て・・・。
風邪かなあという気もせんでもないですが。
まあどのみち散々な1日でした。
皆さんも体調にはくれぐれも気を付けて下さいね。

”Grateful”

gratefulGrateful: A Song of Giving Thanks (The Julie Andrews Collection)

とてもGratefulになれる絵本です。ゆっくりじっくり読んで欲しい一冊です。
ところで、この本はCD付なのですが、なんとあのArt Garfunkelが歌っているのです(驚)。
”Art Garfunkel”、大好きなボーカリストです。
中学生の頃、深夜のFMでセントラルパーク・コンサートを思い出します(懐)。

続きを読む
”The Langoliers”5巻の”Side A”は162ページ、26行目から。

langoliersOne Past Midnight: The Langoliers.

”Graig Toomy”がボコボコにされました。
もうすぐ”The Langoliers”がやってきます。

”Night of the The GARGOYLES”

gargoylesNight of the Gargoyles

”Tuesday”の作者David Wiesnerの作品(イラストのみ)です。
建物の装飾に使われている彫刻が夜な夜なやんちゃするお話です。
最初、”Gargoyle”をみた時は”河童やん!”と思いました。
ちょっと恐そうな、それでいてちょっと愛嬌のある絵です。

”The Long Goodbye”読み始めました。

long goodbyeThe Long Goodbye

”読もう”、”読もう”と思っていてなかなか手が伸びなかった本です。
まだ少ししか読んでませんが、文体がかっこいいです。
最後まで読めそうな気がします。
マスマーケットサイズではないのでちょっと大きいですが、
印字も綺麗だし、装丁もかっこいいので結構気に入っています。

投げるなら今だ!(笑)

Dark Tower 2The Drawing of the Three: The Dark Tower II

Stephen King,”The Drawing of the Three”
150ページぐらいまで読みましたが、
やっぱり投げることにしました。
イメージが全然浮かびません。邦訳を読む手もあるのですが、
いつか読めるでしょうから、そこまでせんでもいいでしょう。

”The Langoliers”4巻の”Side B”は142ページ、16行目から。

langoliersOne Past Midnight: The Langoliers.

盲目の少女”Dinah”が”Graig Toomy”に刺されてしまいました(悲)。

サンガリアの”みっくすじゅーちゅ”

みっくすじゅーちゅ1

続きを読む