Gremz

One small step !

カレンダー

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

FC2カウンター

FC2ブログランキング

FC2ブログランキング

多読の世界制覇に向けて、 ぼちっとな(ボヤッキー風で)

プロフィール

間者猫

Author:間者猫
すべてはこの1册から始まりました。



多読3原則を心に留めて、
楽勝で読めそうな簡単な本から読み始めたら、本当にペーパーバックが読めるようになりました。

多読3原則とは
1.辞書は引かない
2.わからないところは飛ばす
3.つまらない本はやめる
です。

一緒に始めてみませんか?

コメント・トラバは承認制にしております。
すぐには反映されませんが御容赦を。

最近の記事

最近のコメント

最近のトラックバック

月別アーカイブ

カテゴリー

RSSフィード

リンク

メールフォーム

名前:
メール:
件名:
本文:

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索

君は闘っているかね?~洋書と和書と映画と音楽と~
辞書は引かずに簡単な本から読むという方法(いわゆる多読)で、 ”絶対、無理”と思っていた洋書が読めるようになりました。皆さんよろしく。
【児童書】Little Bear (I Can Read)
Little Bear (I Can Read)

”Little Bear (I Can Read)”

 長いものが読みたくない気分のときに丁度いいです。
Little Bearを見ていると、うちの子供と被ります。
でもうちの子供のほうがずっと”ゴンタ”ですが(笑)。
 しかしこのお話って、
  ”お母ちゃん、むっちゃ寒いねん。なんか着せて。”
  ”ちょっと待っててな。はい帽子。”
  ”え? 帽子? 帽子って着るもんちゃうで。でも。寒なくなったわ。”
  しばらくして
  ”おかあちゃん、やっぱり、めっちゃ寒いわ。他になんかないの?”
  ”かなん子やなあ。ほな、これ着とき!”
  ”やった! コートやん。ありがとう”
みたいな感じで続いて、最後が○○○なオチなので、
”親子漫才みたいやなあ”という気がするのは私だけでしょうか?

テーマ:洋書の児童書 - ジャンル:本・雑誌

【雑記】センダックの絵本論
n.さんより、素敵なコメントいただきました。
URLが間違っていたそうですので、
コメントは削除させていただきました。
n.さんありがとう。

n.さんのコメント
はじめまして!
「センダックの絵本論」とても面白そうですね!
近くの図書館で検索すると置いてあるようなので早速借りにいきたいと思います。
「センダックを「読む」」も面白そうですね。
間者猫さんの紹介文が素敵なのかな。笑
素敵な本の紹介ありがとうございました♪

n.さんのブログ”しゃべれるようになりたい!>英語”は
”コチラ”です。

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌

【来ました】 The Nutcracker (ハードカバー)
センダックのくるみ割り人形

” The Nutcracker (ハードカバー) ”

やっと来ました(嬉)。
絵がおもいっきりセンダックです。
結構ボリュームあるので、ぼちぼち楽しみながら読みます。
続きを読む

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌

【これは買い】 The Nutcracker (ハードカバー)
センダックのくるみ割り人形

” The Nutcracker (ハードカバー) ”

昨日の絵本の会で紹介された本です。
チャイコフスキーの”くるみ割り人形”大好きなんです。
しかも”センダックが手掛けた”とくれば、
これは買いですな。

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌

【絵本】 Outside over There (Caldecott Collection)
outside

”Outside over There”

 きっと予約カードがどこかに紛れ込んでいたのでしょう(笑)、
随分前に図書館に予約しておいた絵本です。
連絡を受けて取りに行ってきました。
 やっぱりゴブリンの置いていく氷の人形は気色悪いわ。
子供は怖がらへんのかな?
うちの子供は一瞥しただけで全く読みませんでした。
それよりも”てれびくん”がいいようです(笑)。

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌

【読書中】センダックを「読む」 児童文学世界 (91/236)
”センダックを「読む」”

 ”空井健三;臨床心理学的に読む”では、
”かいじゅうたちのいるところ”を取り上げ、
 いたずらばかりしてお母さんに怒られた子供が
どう折り合いをつけていくのか心理学的に解説してくれていて、
とても面白い。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【読書中】センダックを「読む」 児童文学世界 ('91 夏号) (単行本)
 もう少しセンダックについて知りたいと思ったので、
”センダックを「読む」”を借りて来ました。
 いきなり山口昌男さんの話なので、ちょっと吃驚しました。
そういえば、舞台の仕事も結構してましたね。

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌

【絵本】What Do You Say, Dear?
what dou you say?

”What Do You Say, Dear?”

あるシチュエーションで
”こんな時どう言ったらよいのでしょうか?”
”答えは○○○”
相変わらずとぼけた本です。
あのヒゲのカウボーイのおっさんも登場します。

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌

【絵本】What Do You Do, Dear?
what do you do?

”What Do You Do, Dear?”

 あるシチュエーションで
”こんな時どうしたらよいのでしょうか?”
”答えは○○○”
 なんつうか、ホンマとぼけた本です。
ヒゲのカウボーイのおっさんが最高です。

テーマ:洋書の絵本 - ジャンル:本・雑誌

【読書メモ】センダックの絵本論(17)
”センダックの絵本論 (単行本) ”

子どもはみんな-リンドバーグ事件とともに育とうと育つまいと-心配をいだいています。ママとパパが行ってしまって、二度と帰ってこなかったらどうしよう。ぼくは死ぬんだろうか? 私たちは小さい子どもがこんなことを心配するとは考えたがらない傾向がありますが、もちろん子どもは心配をするのです。子どもが知的で、感受性が強く、世界で起こっていることに敏感である限り、それから逃れるすべはないのです。(p229)

テーマ:図書館で借りた本 - ジャンル:本・雑誌